間宮英宗 達磨図

ID 12363

( 間宮 ) 英宗 義雄

1871-1945

臨済宗 方廣寺525世 元管長 方廣寺僧堂元師家

 

達磨図 磨云不識 青龍道人 *共箱 半身祖師 明治四十二年

 

ドンス縦丸表具 紙本清白 表具美麗

本紙寸法 136.5*34

全体寸法 214*46

桐箱

 

 

税込価格 99,000円

龍窟と号す。愛知の人。明治十二年、三島龍沢寺天眼について出家得度。岐阜霊松院の聯芳学林に学び、のち天龍僧堂の峨山に参じたが、明治三十三年、その示寂にあう。僧堂を暫暇、御殿場の青龍寺に晋山す。円覚寺の釈宗演に通参、のちその法を嗣ぐ。大正三年、京都嵯峨の臨川寺に移住。さらに同七年、奥山の方広寺派管長に就任。昭和二年、管長を退任、京都に栖賢寺を再興す。各地の講演に寧日なく、昭和二十年、上海の客舎にて示寂。

error: 不正コピー防止のために右クリックを禁止しています
×