東嶺圓慈 孝順は解脱の本なり

ID 9905

東嶺圓慈 トウレイエンニ

1721-1792

臨済宗 三島龍澤寺

 

孝 孝順は解脱の本なり 東嶺書

 

本紙寸法 32*46.5

全体寸法 124*48.5

紙本アレすくなし 表具美麗 仕立て直し済

桐箱

 

税込価格 418,000JPY

 

不々庵、三光窟などと号す。江州の人。9歳にして能登川大徳寺の亮山について出家、日向の古月、その法嗣翠巌、さらに丹波法常寺の大道に参じたが、心事明快ならず、さらに白隠のもとに至る。寛延元年、病床にあって「宗門無尽燈論」を執筆、白隠に呈していたく激賞され、翌年その印可を得た。その後、常に白隠に従ってその化をたすける。白隠示寂後は三島の龍沢寺に入り住山。松蔭寺を継席した遂翁とともに白隠下の二神足と賛えられた。寛政3年、尾州瑞泉寺輝東庵を再興、翌年郷里江州齢仙寺で遷化。