玄楼奥龍  一口に吸尽す云々

ID No 8900

玄楼奥龍 ゲンロウ オウリョウ

1720-1813

曹洞宗 宇治興聖寺22世 摂津当陽軒 狼玄楼

 

一口に吸尽す西江の水 九十一翁玄楼書

 

本紙寸法 30.5*51

全体寸法 115.5*53.2

紙本清白 表具美麗

箱 桐箱

 

税込価格 308,000円

 

蓮蔵海、爍迦羅子、一茎草、狼胡老人と号す。伊勢の人。臨済にて出家。長福寺齢峰に参じ、遊方、但馬龍満寺象山問厚に得法す。伯耆西福寺、長門保安寺、同華厳寺に住し、師席龍満寺を嗣ぐ。享和元年、宇治興聖寺第22世として晋山。著書に「子堕論」、「偏正論」、「鐵笛倒吹」、「一槌砕瓦」、「十六鐘銘」、「蓮蔵海五分録」がある。文化10年、摂津当陽軒にて示寂。世寿94。機鋒鋭く、世に「狼玄楼」と称される。門下に三河香積寺風外本高がいる。

商品カテゴリー: ,
×