晦翁宝暠 山花開いて云々

ID No 11934

晦翁宝暠 マイオウホウコウ

1635 – 1712

黄檗宗 滋賀正明寺

 

山花開いて錦に似たり 晦翁

 

本紙寸法 122*27.3

全体寸法 188.5*38

紙本アレナシ 表具

箱 桐箱

 

税込価格 165,000円

 

竜渓性潜・高泉性敦と親交。1680年、後水尾天皇の勅願で竜渓性潜開山の近江蒲生郡の正明寺3世として晋山。1685年、後水尾院からの遺嘱の印可をめぐる万福寺との論争に勝利。1692年、万福寺監寺、 1708年、正明寺を退隠。近江浄光寺に隠棲。「晦翁宝暠和尚語録」

商品カテゴリー: ,
error: 不正コピー防止のために右クリックを禁止しています
×