間宮英宗 達磨図

ID 00155

(間宮)英宗義雄 マミヤエイジュウ

1871-1945

臨済宗 方廣寺派管長 嵯峨 臨川寺 御殿場 青龍寺

達磨図

月傾孤嶺纔残半輪 塵塵刹刹光明普照  方廣英宗

本紙寸法 116*28

全体寸法 186*40

絹本 全体に薄くシミ 鑑賞に差し支えございません

表具  良好

*当店で手を加えておりません

*絹本です。

 

税込価格 66,000円

青龍窟。明治12年、 三島 龍沢寺の天眼老師に就いて出家。岐阜霊松院の聨芳学校卒業後、京都天龍僧堂の橋本峨山に参じ、明治33年、 師の示寂により天龍寺を退き、御殿場の青龍寺に住す。以後、鎌倉円覚僧堂の釈宗演に参じ、印可を受く。 大正3年(1914)、京都嵯峨の臨川寺に転住、大正7年、奥山方廣寺派管長に就任。昭和2年(1927)、 方廣寺を退任し、京都に栖賢寺を住す。昭和20年、巡教途上の上海で病を得て遷化。