遂翁元盧 大黒天図

ID 12391

遂翁元盧 スイオウゲンロ

1717-1789

臨済宗 妙心寺派原の松蔭寺 白隠慧鶴の法嗣

 

大黒天図 端心正直 勤行陰徳 不貪不奢 是名大黒 浮島翁画賛

 

本紙寸法 84*27

全紙寸法 157.5*29.2

本紙シミ有り 折れ、虫食い修復済み 表具美麗

税込価格 220,000円

 

別に浮島翁とも号した。下野の人。歳30余にして初めて白隱慧鶴に謁し、その鉗鎚を受けること20年、ついに同門の東嶺とともに白隱会下の二神足と讃えられるに至った。その参禅は常に深夜のことであり、天性細事に拘泥せず、坐禅、看経を好まず、酒を嗜み、酔余筆をふるい、囲碁に耽り、その蹤跡は常人の見の及ぶ処ではなかった。白隱寂後、法嗣として松蔭寺に住したが、参究の徒があれば常に東嶺の下に送り、自らは一言も示すことがなかった。白隱没後七年、追恩の講会を催し、爾来東奔西走、大衆の接化に努める。寛政元年示寂。世寿73。

error: 不正コピー防止のために右クリックを禁止しています
×