蘭山正隆 一華五葉の春 

ID 12540

蘭山正隆 ランザンショウリュウ

1718-1797

臨済宗 豊前開善寺 京都龍安寺

 

一華五葉の春 蘭山書

 

本紙寸法 91.3*27.8

全体寸法 180*40

紙本少々アレあり 表具ウブまま

桐箱

 

税込価格 99,000

積翠、衆芳軒と号す。山形の人。幼くして自ら出家を志し、勝因寺の台禅について得度。丹波の大道文可に参ずること6年。しかし大道は命じて大道の法兄にあたる古月に参ぜしむ。古月、その法嗣の翠巌、法孫の拙堂の三師の蘊奥を尽くし、ついに古月の印記を受く。豊前小倉の開善寺に住す。天明の大飢饉には窮民の救済に尽力。徳望篤く、最晩年には請われて京都龍安寺に住し、そこで示寂。世寿80。示寂後円機妙応の禅師号を賜る。

error: 不正コピー防止のために右クリックを禁止しています
×