蘇山玄喬 讃 出山釈迦図

ID 00107

蘇山玄喬 ソザンゲンキョウ

1799-1868

臨済宗 妙心寺535世 熊本見性寺 八幡円福寺僧堂 名古屋徳源寺僧堂開単

 

出山釈迦図 讃 狩野栄信(伊川院)画

端坐六年甚放癡 人々眼上又安眉 急々出山遅八刻 梅兄魁去笑南枝

特賜神機妙用禅師 蘇山謹讃

画 伊川院法印筆

 

本紙寸法 90*34

全体寸法 173*35.5

 

紙本・表具 極めて美麗 

桐箱

*当店で手を加えておりません。

 

税込価格 187,000円

鵝王軒、護鵝室と号す。熊本の人。豊後月桂寺の春沢、阿波の玉澗、さらに尾張総見寺の卓洲胡僊に参じ、卓洲の法嗣となる。永田宝林寺の妙喜や岡山国清寺の月珊等を遍参。嘉永4年、熊本見性寺に晋山す。八幡円福寺、さらに文久2年、名古屋徳源寺に転住、新たに僧堂開単す。慶応元年、神機妙用禅師号を下賜さる。明治元年示寂。

 

狩野栄信(伊川院) 1775-1828

木挽町狩野家八代目。養川院惟信の子。栄信は名、玄賞斎と号する。狩野派近世の名手で、のち法印叙任後は、伊川院と称した。大和絵や中国画も学び、幕府御用絵師として江戸城内の障壁画や朝鮮通信使への贈答用屏風等の御用も務めた。