良哉元明 賛 杖拂図

ID 00123

良哉元明 リョウサイゲンミョウ

1706-1786

臨済宗 三河 花岳寺 三河 宗徳寺

杖拂図 良哉元明 賛  内藤東甫 画

馬祖床頭龍得水 芭蕉手裡乕生風 即離与奪我何論 商略還他二老翁

前華嶽七十六翁良哉賛

 

*拂子-馬祖道一

*拄杖子-芭蕉慧清 芭蕉拄杖子(無門関四十四則)禅学大辞典より参照

本紙寸法 140*29

全体寸法 197*35

本・表具 美麗

 

*当店で手を加えておりません。

 

税込価格 132,000円

尾張の人。名古屋総見寺の太龍につき得度、典籍を学ぶ。日向大光寺の古月禅材に参じ、さらに白隠慧鶴に謁してその玄奥を究め印可を受く。三河の祥雲山花岳寺に住して宗風を挙揚す。後年再び古月に参ず。各地の招請に応じること30余度、道誉夙に高く三処の開山となる。三河宗徳寺にて病を得、弘化3年示寂。世寿81。白隠に「文殊再来」と称されるほど頭脳明晰であり、詩文に非常に秀でたと伝えられる。

内藤東甫(1728-1788)

江戸時代中期の画家。本名は正参(まさみつ)尾張名古屋藩士。画風は狩野典信に似るとされ、俳諧、歌にも優れ、細井平洲等の数々の著名人との交流があった。