池上湘山 二行書

ID 00139

(池上)湘山慧澄  イケガミショウザン

1856-1928

臨済宗 妙心僧堂師家 二尊寺

禮非玉帛不表楽非鐘鼓而不傳(論語  陽貨)

花園湘山書

 

*箱書き極め

(加藤)隆芳全昭 瑞巌五雲

 

*玉帛(ぎょくはく)-儀礼に使う器具。玉と絹織物。中国古代、諸侯が天子に拝謁したり、互いに訪問したりするときに贈り物として用いたもの。

 

本紙寸法 126*41

全体寸法 206*54

紙本 極美麗

表具 上部右にシミ

*当店で手を加えておりません。

 

税込価格 110,000円

 

柏蔭室。11歳、瀬高町の二尊寺に出家。22歳、妙心僧堂に掛搭。はじめ越渓に参じ、次いで虎関の鉗鎚を受け、朝参暮参十余年、印可を受けた。後に、二尊寺に帰住し、悟後長養の功を積む。明治36年、虎関が遷化し、推されて師家の席を継ぐ。在職20年。久松真一も西田幾多郎の薦めにより、師に参禅する。独眼乱歯、容貌醜怪であったが、その道力と慈愛は接する僧俗を魅了した。世寿73。

 

(加藤)隆芳全昭 1915-1992

五雲軒。9歳、妙心山内の蟠桃院にて得度。昭和9年、天龍僧堂に掛搭、関精拙に参禅。同13年、蟠桃院住職になるが、同15年、再び天龍僧堂に掛搭し、関牧翁に嗣法する。同34年、蟠桃院が伊達家の関係寺院であったため松島に招かれ、瑞巌僧堂師家に就任する。同63年、退任。世寿78。