(橋本)独山玄義 山水図

ID  00043

(橋本)独山玄義 ハシモトドクザン

1869-1938

臨済宗  相国寺128世 嵯峨 鹿王院  鳥取三朝 南苑寺

渓村風雨 済舟

*箱書き 伊藤敬宗 渓村風雨之画 独山老師萬作 雲頂題簽

 

本紙寸法 178.5*95

全体寸法 230*112

紙本 極少々シミあり 表具 極めて美麗 

当店で手を加えておりません

超大幅!!

 

税込価格  275,000円

對雲窟、南苑窟と号す。しばしば改号する。新潟県魚沼生まれ。はじめ画家を目指し京都に出て、富岡鉄斎の門下として書画の研鑽を積む。その後、心性に疑団を持ち、天龍寺の峩山昌禎を尋ね得度。天龍寺僧堂で修行し、その法を嗣ぐ。峩山遷化後に橋本姓を継ぎ、鹿王院に住する。明治43年、相国寺僧堂師家。翌年、相国寺住職、相国寺派管長に就任する。昭和2年、鳥取県三朝町に南苑寺を開き退隠する。風景画、山水画など書画に秀でた。

 

伊藤敬宗 号は雲頂。別号に放光窟。天龍寺峩山昌禎、東昱通晃に参じた。鹿苑寺(金閣寺)の寛海の弟子となって、相国寺山内の瑞春院の住職となり、相国寺僧堂の橋本独山に参じて法を嗣ぐ。のち鹿苑寺住職となる。また、南紀に放光庵を創建。世寿55。