新春の縁起物! 2023年 卯干支色紙

松島 瑞巌寺僧堂元師家 加藤隆芳老師 自画賛

『兎子懐胎』画賛

 

蚌含明月 兎子懐胎 瑞巌五雲

 

碧巌録 第九十則 智門般若体

挙す。僧、智門に問う、如何(いか)なるか是れ般若の体(たい)。門云く、蚌(ぼう)、明月を含(ふく)む。僧云く、如何なるか是れ般若の用(ゆう)。門云く、兎子懐胎(としかいたい)。

 

道号は隆芳、法諱は全昭。室号、五雲軒。東京都出身。妙心寺山内蟠桃院の加藤全敬について得度。昭和九年天龍僧堂に掛搭、関精拙老師に参禅。同十三年、蟠桃院住職となるが、同十五年、天龍僧堂へ再掛搭、関牧翁老師に嗣法する。蟠桃院が伊達家の香華所であった関係から松島へ招かれ、瑞巌僧堂師家に就任する。同六十三年四月、退任。平成四年八月二十七日、遷化。世寿七十八。

商品カテゴリー: ,