慈雲飲光 趙州夢

ID 00007

慈雲飲光 ジウンオンコウ

1718-1805

真言宗 摂津法楽寺 河内長栄寺

 

趙州夢

 

*箱書極め 明厳諦了

 

本紙寸法 21*37.5

全体寸法 106.5*46

紙本清白 表具美麗

箱書付き桐箱

 

税込価格 385,000円

 

 

江戸時代後期の真言宗の僧侶。号は百不知童子葛城山人雙龍叟慈雲尊者と尊称される。戒律を重視し、正法律(真言律)を提唱した。能書家としても知られる。父の遺言により13歳の時に摂津の法楽寺で出家し、忍網貞紀に密教と梵語を学ぶ。16歳の時に、忍綱の命で京都に行き、伊藤東涯に儒学を学ぶ。翌年に奈良で顕教、密教、神道と宗派を問わず学び、河内の野中寺にて戒律の研究を始め、1738年具足戒を受けた。翌年には忍網から灌頂を受け、法楽寺の住職となったが、2年後に住職を同門に譲った。その後、信濃に曹洞宗の大梅を訪ねて禅を学び、印可を受ける。1744年、河内の長栄寺を再興して住職となり、初めて戒律の講義を行なったのを皮切りに、高野山近畿各地で修行と講演を続ける。1750年、「根本僧制」を定めて正法律の復興を標榜、有馬の桂林寺で『方服図儀』を著し、袈裟の裁制を正す。1758年、『南海寄帰伝解䌫鈔』を著した後、生駒山中に隠居して研究に専念し、千巻にも及ぶ梵語研究の大著『梵学津梁』を著す。1804年、京都阿弥陀寺で示寂。

 

*明厳諦了(1894-1959)

高井田長栄寺14代住職。昭和13年発行「慈雲尊者遺芳」編纂者。

商品カテゴリー: , ,