山岡鐵舟 髑髏図

ID 12443

山岡鐵舟 ヤマオカテッシュウ

1836-1888

明治の偉人 禅、剣、書の大家 高橋泥舟、勝海舟とともに明治の三舟

 

髑髏図 憐む可し無定川辺の骨 猶是春閨夢裡(けいちゅうむり)の人 (陳陶「隴西行」) 鉄舟高歩

無定河(河道が移動して、流路が定まらない川)のあたりに散らばる骨は、春の寝室で夢見る(春閨夢裡)ひとの変わり果てた姿なのだぞ。

 

本紙寸法 131.8*46.8

全体寸法 197.8*59

紙本清白 表具美麗

桐箱

 

税込価格 198,000円

 

 

江戸に生まれる。幼少より剣法を学ぶ。20歳、幕府講武所に入り、以後、千葉周作に剣、山岡静山に槍を学ぶ。禅は長徳寺の願翁、三島龍沢寺の星定、相国寺の独園、円覚寺の洪川、さらに天龍寺の滴水について大いに精進す。33歳、徳川慶喜公の命を受け、西郷南洲と会見、江戸城無血開城に尽力。四十五歳、剣の師、淺利義明の免許皆伝を受け、無刀流を開く。また、同時に天龍寺の滴水より印可を受ける。48歳、谷中に全生庵を創建す。49歳、白隠禅師の国師号宣下に尽力。明治21年53歳、坐禅のまま大往生。

商品カテゴリー: , ,
error: 不正コピー防止のために右クリックを禁止しています
×