象匏 文雅 拾得図

ID No: 10784

禅僧名: 象匏 文雅 ゾウホウブンガ

生没年: 1779-1840

 

宗派: 臨済宗 

寺院: 下野樹林寺 伊豆国清寺 常州常光寺 神戸祥福寺僧堂 

 

語句: 拾得図  従来姓名無し 呼んで拾得子と為す 象匏画

 

形式: 紙縦本表具

状態: 紙本清白 表具アレなし

全体寸法: 168.8*37  本紙寸法: 98.4*27.8

箱: 桐箱

 

消費税込値段: ¥108,000

 

別号・他: 下野樹林寺石室について出家。伊予の行応玄節の門を叩き参究、苦修ののちその法を嗣ぐ。文化12年、樹林寺に住し、さらに伊豆の国清寺に転ず。さらに常州常光寺に移り、3年後、摂州祥福寺僧堂に転じ、雲衲を接化す。天保11年示寂。世寿62。神鑑独照禅師を勅諡される。弟子に雪航孜純、法雲元施などが知られる。