龍関古鑑 宝珠図

ID No: 11117

禅僧名: (斎藤)龍関 古鑑 リュウカンコカン

生没年: 1831-1892

 

宗派: 臨済宗

寺院: 建仁寺派第3代管長 建仁僧堂元師家 相国寺僧堂元師家 水火の興聖寺

 

語句: 宝珠図 あめつちも こもるここちの み玉なり みがけやみがけ 世を照らすまで 空華

 

形式: ドンス縦丸表具

状態: 紙本清白 表具美麗

全体寸法: 196*43.8  本紙寸法: 137.5*33.2

箱: 桐箱

 

消費税込値段: ¥108,000

 

別号・他: 空華室と号す。大阪の人。7歳で的形海嶽寺の東栄について出家。15歳、姫路慶雲寺拙心の弟子となる。相国の大拙承演に参じ、ついで越渓守謙に参ず。一時還俗して彫刻師となるも、発奮相国寺に再行脚、ついに越渓の法を嗣ぐ。虎関宗補とともに龍虎の雙関の異名をとる。慶応2年、京都水火の興聖寺に住す。独園示寂後、相国僧堂に移り、明治22年、建仁寺派管長に就任、僧堂を開単す。明治25年示寂。世寿
62。弁舌無礙、一に龍関、二に鰲巓、三に独園、四に敬冲といわれる。