鰲巓 道契 日暮雲晴れ空云々

ID No: 11163

禅僧名: 鰲巓 道契 ゴウテンドウカイ

生没年: 1814-1891

 

宗派: 臨済宗 

寺院: 妙心寺583世元管長 名古屋徳源寺 僧堂元師家 臼杵多福寺  

 

語句: 日暮雲晴れ空眼界 清風況んや是草離離 松根石上誰與(と)説か
ん 月中峰に到って猶未帰  大燈国師の頌を録す 鰲巓

 

形式: ドンス縦丸表具

状態: 紙本清白 表具美麗

全体寸法: 182*41.5 本紙寸法: 115.2*28.6

箱: 桐箱

 

消費税込値段: ¥151,200

 

別号・他: 瑞応軒と号す。尾張熱田の人。同州禅隆寺模林について出家得度。16歳、肥後見性寺の蘇山に参ずること18年、ついにその法を嗣ぐ。嘉永元年、豊後の多福寺に住し、聖胎長養すること20年。明治元年、蘇山の遺命により名古屋の徳源寺に移幢、雲衲を接化。明治4年、本山妙心寺にて視篆、妙心寺派初代管長に就任。明治24年示寂。世寿78。その書は鰲巓流と呼ばれ、定評がある。