(日本語) (高木)龍淵 千峯雨霽露光冷 

ID No:12007

禅僧名: (高木)龍淵  リョウエンゲンセキ

生没年: 1842-1918

 

宗派: 臨済宗

寺院: 天龍寺237世元管長 衣笠山功運院慈済院 

    神戸徳光院

 

語句: 千峯雨霽露光冷 月落松根蘿屋前 

    擬寫等閑此時意 一溪雲鎖水潺潺

    天龍耕雲 

 

形式: ドンス縦本表具
状態: 絹本清白 表具美麗
全体寸法: 210*45.2  本紙寸法: 130.5*33.5
箱: 桐箱

 

消費税込値段: ¥108,000

 

別号・他: 耕雲軒、晩年は休耕と号す。丹波福知山の人。6歳、丹後相光寺の月潭について得度。舞鶴東山寺の祥巌より内外典を学ぶ。岩国永興寺の洪川、梅林寺の羅山、さらに鹿王院の義堂、天龍寺の滴水等に歴参、滴水の法を嗣ぐ。明治4年、天龍寺山内慈済院の住職、明治25年、天龍寺派管長となる。明治34年、再び管長に請ぜられ、天龍に住すること前後20年、徳望高く、門下より逸材を打出す。大正2年、管長を辞し
衣笠山の功雲院に退居す。また川崎氏の帰依により神戸に徳光院を開く。大正7年示寂。世寿77。

Posted in ,