虎林嘩嘯 子起啼回す染山の華

ID No: 10722

禅僧名: 虎林 嘩嘯 コリンヨウショウ

生没年: 1835-1902

 

宗派: 黄檗宗

寺院: 万福寺41代 佐賀福聚寺

 

語句: 子起啼回す染山の華 しゅ杖頭辺興轉賖眼底迨々として皆客路(旅路) 草今夜誰が家か脱せん

 

形式: 状態: 全体寸法: 148*44  本紙寸法: 61.5*37 箱:

 

消費税込値段: ¥194,400

 

別号・他: はじめ虎山。別号を巽栖。肥前の人。郷の福聚寺に投じて出家。黄檗の瑞雲悟芳、さらに広寿山萬丈悟光に参ず。機峰峻烈をもって鬼文常といわれた宇佐の金龍寺懶翁文常に参じ、印記を受けた。さらに柳川福厳寺独唱真機、伊予円蔵寺比山益朝を歴参し、明治二年福聚寺に帰る。明治六年、禅三派の管長滴水宜牧のもとで廃仏毀釈の風潮の中で、法道の挽回をはかる。明治三十三年春、管長に選挙され、十一月晋山。学林の刷新、大本山伽藍保存講を組織した。