蘆匡道 慈明引錐図

 

ID No: 12212

禅僧名: (蘆)匡道慧潭 アシキョウドウ

宗派: 臨済宗生没年: 1838-1895

寺院: 妙心寺544世元管長 東福寺290世元管長

 

語句: 慈明引錐図 古人刻苦光明必ず盛大なり 三住妙心八旬翁匡道拝画 

 

形式: ドンス縦茶掛表具

状態: 紙本アレあり 修復済み 表具美麗 仕立て直し済み

全体寸法: 134*23.2 本紙寸法: 60.2*21

箱: 桐箱

 

消費税込値段: ¥162,000

 

別号・他: 要津軒と号す。和泉の人。5歳、密門に投じて出家。転じて大阪高津の少林寺月叟の弟子となる。15歳より伊予龍潭寺の行応、岐阜瑞龍寺天沢僧堂の棠林に参ず。少林寺に嗣住したが、檀家の千葉不白居士の痛棒にあい、発憤、大阪から八幡円福寺まで14年余一日も怠らず通参、ついに海山の印可を得る。神戸祥福寺に移幢、陽関に代って雲衲を接化。明治10年、懇請を受け東福寺派管長に就任。さらに明治22年、妙心寺派管長に就任。明治28年妙心寺にて示寂。世寿88。謚号して神通寿量禅師という。