華頂文秀 観音図

ID No: 11242

禅僧名: 華頂 文秀 カチョウブンシュウ

生没年: 1740-1827

 

宗派: 黄檗宗

寺院: 萬福寺25世 滋賀正明寺

 

語句: 観音図 青蓮葉上一身軽し 浩渺浩波地平らかに似たり 五渇世中無垢染める 須(もち)いず慈眼視衆生黄檗華頂拝書

 

形式: ドンス縦茶掛表具

状態: 紙本アレなし 表

全体寸法: 181.5*29.7 本紙寸法: 96.7*26.7

箱: 桐箱

 

消費税込値段: ¥151,200

 

別号・他: 号は直鈎、寒巌室。江州の人。宝暦4年、初め律学を修めたが、禅学に志し、正明寺の中嶽に投じ、明和5年嗣法。諸方の名徳に見え、駿河の白隠にも謁す。白隠の寂するや故山に帰る。慈恩寺、華蔵院に住し、正明寺に晋む。寛政12年春、幕府の招きを受け出府、鈞旨を受け、6月第25代の席を継ぐ。文化6年、老を以て退休し、正明寺の寒巌室に入る。文政10年示寂。