織田雪巌 宝珠図

ID No: 10979

禅僧名: (織田)雪巌 不白 オダセツガン

生没年: 1843-1916

 

宗派: 曹洞宗

寺院: 最乗寺独住7世 世田谷豪徳寺 名古屋永安寺 豊後泉福寺

 

語句: 宝珠図 福寿如意 時に癸丑春日 金剛神水を以て 最乗雪巌書

 

形式: ドンス横茶掛表具

状態: 紙本少々シミあり 表具美麗

全体寸法: 125.5*71.5  本紙寸法: 33.6*67

箱: 桐箱

 

消費税込値段: ¥54,000

 

別号・他: 名古屋の人。知多郡の曹源寺雪晏黄龍について出家。長じて甘雨為霖に参禅、名古屋永安寺に転住した黄龍の室に入り伝法す。後、近江慈眼庵住職を経て、永安寺の師席を嗣ぐ。さらに豊後の泉福寺、東京世田谷の豪徳寺に転住。明治36年から大正元年まで弘津説三と共に曹洞宗務院の総務を交代勤務す。明治43年、小田原最乗寺独住7世に晋山。大正5年示寂。世寿74。