海門禅恪 庭前の柏樹子

ID No: 12222

禅僧名: 海門禅恪 カイモンゼンカク

生没年: 1743-1813

 

宗派: 臨済宗

寺院: 妙心寺440世 八幡円福寺 中津自性寺

 

語句: 庭前の柏樹子 前妙心海門書  ※淡川康一先生箱書 海門禅師一行書 庭前柏樹子 淡川康謹題簽

 

形式: ドンス縦丸表具

状態: 紙本アレなし 表具美麗

全体寸法: 181*28.6  本紙寸法: 99.2*26

箱: 桐箱

 

消費税込値段: ¥86,400

 

別号・他: 円通室、金剛室、寒松軒と号す。防州の人。玉泉寺にて出家。中津自性寺白隠慧鶴の法嗣、提洲禅恕に参じ、その法を嗣ぎ、自性寺に住す。さらに寛政10年、山城円福寺に移り、復興に尽力す。文化元年、妙心寺に入寺、440世となる。文化10年示寂。師の水に関する墨蹟は火伏せの霊験ありと信じられ、求める者も多かった。