海山 宗恪 関 凡聖這裏を云々

ID No: 12207

禅僧名: 海山 宗恪 カイザンソウカク

生没年: 1796-1846

 

宗派: 臨済宗

寺院: 妙心寺490世 静岡臨済寺 八幡円福寺

語句: 関 凡聖這裏を通らず 七十四翁 海山

 

形式: 横茶掛
状態: 紙本 裂表具
全体寸法: 111*46   本紙寸法: 27.5*43.5
箱: 桐箱

 

消費税込値段: ¥108,000

 

別号・他: 三河渥美郡の人。豊橋の真福寺にて出家。瑞龍寺の隠山、さらに総見寺の卓洲の下に投じて苦修、その法を嗣ぐ。静岡臨済寺仙芳常牧の後をうけて、十九世として晋山。山城八幡の円福寺に住し、寺門の復興につとめた。天保八年(一八三七)、本山妙心寺に敕住し、四九〇世となる。弘化三年示寂。世寿七十八。仏国妙厳禅師と諡号される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です