松山萬密 水を掬すれば云々

ID No: 11029

禅僧名: (松山)萬密 宗香 マツヤママンミツ

生没年: 1908-2003

 

宗派: 臨済宗

寺院: 妙心640世 妙心寺派元管長 名古屋徳源寺僧堂前師家

 

語句: 水を掬すれば月手に在り 花園瑞雲叟 *共箱

 

形式: ドンス縦茶掛表具

状態: 紙本多少シミあり 表具美麗

全体寸法: 177.5*30.8  本紙寸法: 104*27.7

箱: 桐箱

 

消費税込値段: ¥64,800

 

別号・他: 室号は瑞雲軒。福井の人。大正7年、福井市の大安寺松山万休について得度。昭和3年、京都花園専修学院卒業。翌年名古屋の徳源寺専門道場に掛搭、瑞松軒古仲鳳洲に参禅、印可を受ける。同18年、滋賀正法寺住職となる。昭和21年、徳源寺住職、僧堂師家に就任。戦災で全焼した伽藍の復興に尽力す。昭和31年、妙心寺において歴住開堂、第640世の法燈を継承。昭和57年、妙心寺派管長就任、4年の任期を果たし、徳源寺に帰山。平成2年、住職、師家の席を譲り、徳源寺閑栖となる。平成15年5月6日示寂。