弥峰円基 墨竹図

ID No: 11719

禅僧名: 弥峰 円基 ミホウエンキ

宗派: 黄檗宗

生没年: 1730-1817

宗派・寺院: 黄檗宗 開元寺 

       長崎福済寺13代

語句: 墨竹図 山陽来鳳写

形式: 紙縦本表具

状態: 紙本少々シミあり

全体寸法: 192*39  本紙寸法: 123*26.5

箱: 桐箱

消費税込値段: ¥86,400

別号・他: 号を来鳳また墨痴、微笑、山陽山人という。長崎分紫山福済寺にて出家。同寺住持大鵬正鯤に師事。延享2年、大鵬が黄檗第15代住持となり、3年後の寛延元年伏見江戸町の保寿庵退隠に、侍衣として随従。寛延3年嗣法。同十年、大鵬の黄檗第18代住持再住に際して、丈侍となり、明和2年の保寿庵退休に従う。保寿庵が大鵬開基の護国山開元寺と改められ、天明3年この住持となる。57歳、福済寺13代監寺就任を本山に届け、以来文化11年まで、29年その職にあった。文化14年示寂。世寿88。弥峰は本師大鵬に墨画を学び、来鳳の名で墨竹画をもって知られ、『崎陽画家略伝』に「大鵬流墨竹」とある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です