(日本語) 妙庵普最 右司馬温公家訓 千秋妙庵杜多写焉

ID No: 11413

禅僧名: 妙庵 普最 ミョウアンフサイ

生没年: 1745-1821

 

宗派: 黄檗宗

寺院: 萬福寺第26代 松山千秋寺 大福寺

語句: 金を積んで以て子孫に遺せども子孫未だ必ずしも能く守らず

    書を積んで以て子孫に遺せども子孫未だ必ずしも能く読まず

    冥々の中に陰徳を積んで以て子孫長久の計(はかりごと)と為すに

    如(し)くはなし 是先賢の格言乃ち後人の亀鑑なり 

    右司馬温公家訓 千秋妙庵杜多写焉

 

形式: 紙横茶掛表具

状態: 紙本小ジミあり

全体寸法: 122*60  本紙寸法: 34.4*57.5

箱: 桐箱

 

消費税込値段: ¥129,600

 

別号・他: 室号は寒巌室。俗姓は藤原氏。会津の人。貫道寂器に師事し、21歳、貫道に嗣法。天明6年、伊予松山の千秋寺に晋山、23年間住す。その間、松山の大福寺を重興。64歳、黄檗26代に推挙され、文化7年5月、晋山開堂す。住山13年。文政4年、本山甘露堂に於て示寂す。世寿77。

 

Posted in ,