圓通道成 寶寿圓通書

ID No: 12043

禅僧名: 圓通 道成 エンツウドウジョウ

宗派: 黄檗宗

生没年: 1643-1727

宗派・寺院: 黄檗宗 紀州宝寿山光明寺 

       角虎山永禅寺

語句: 江流天地の外 寶寿圓通書

形式: ドンス縦茶掛表具

状態: 紙本清白 表具

全体寸法: 201*31  本紙寸法: 119*28.6

箱: 桐箱

消費税込値段: ¥162,000

別号・他: 道号円通、法諱道成。紀伊熊野の人。寛永20年6月23日出生。寛文7年秋25歳、紀州和歌山城東に慈光寺を復興して卓錫する。この前後、遠州引佐郡金指の初山宝林寺独湛性瑩に投じ、延宝3年正月、嗣法した。33歳であった。この年7月、高泉性激が加賀の明法山献珠寺開山に赴いたとき、請われて首座となり、8月半ばには近江湖西を経て摂津にあり、冬には泉南にあって「大蔵経」を閲読した。享保11年丙牛年2月、世寿84才の老齢にて示寂する。

 

江戸前・中期の黄檗宗の僧。紀伊熊野生。遠江宝林寺の独湛性瑩の法を嗣ぎ、紀伊和佐の慈光寺を復興させた。加賀金沢の献珠寺の住持となり、紀伊和佐千光寺・摂津徳岩寺や紀伊観音寺などを開創した。のち乾明院に退隠したが、紀伊の永禅寺に再住した。著書に『円通禅師語録』『参禅要録』等。享保11年(1726)寂、84才。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です