卓洲胡僊 黄鶴鳥図

ID No: 12026

禅僧名: 卓洲胡僊 タクジュウコセン

生没年: 1760-1833

 

宗派: 臨済宗  

寺院: 尾張総見寺

 

語句: 卓洲胡僊 讃 張 月樵 画 黄鶴鳥図 箱書 関 盧山 翩翩黃鶴 下彼播陽 顧瞻層霄 獨立軒昂 匪玄匪縞 羽儀以黃 趾蹈碧芝 氣凌昊蒼 不敢嘹唳 不復飛揚 保壽千載 永居君堂 文政辛巳之仲秋穀日 前華園見住総見賜紫方袍卓洲叟 應需題

 

形式: ドンス縦丸表具 大幅 名品

状態: 紙本清白 表具美麗

全体寸法:

本紙寸法:

箱: 桐箱

 

消費税込値段: ¥518,400

 

別号・他: 15歳、尾張総見寺祥鳳について出家、美濃汾陽寺の快嵒、京都鹿王院霊源などに参じた。峨山慈棹に参じ、ついにその法を嗣ぐ。寛政8年、総見寺に住し、四来の雲衲を接化。法嗣
に蘇山、春応、海山、妙喜などがいる。諡号を大道円鑑禅師という。白隠禅の二大潮流、隠山、卓洲の一方の祖である。 

張月樵(1772-1832)安永元年生まれ。市川君圭,松村呉春(月渓)にまなぶ。長沢蘆雪(ろせつ)とまじわり,影響をうけた。花鳥人物画がおおく,文化14年「不形画藪(がそう)」を刊行した。天保(てんぽう)3年6月22日死去。61歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。名は行貞。字(あざな)は元啓。通称は快助。別号に酔霞堂。