全苗月湛 魏闕

ID No: 11341

禅僧名: 全苗 月湛 ゼンミョウゲッタン

生没年: 1728-1803

 

宗派: 曹洞宗

寺院: 越中富山 春日山光厳寺 越中高源寺 越中大淵寺 飛騨竜雲寺

 

語句: 魏闕(ぎけつ:宮中の門)春風に醉う (秦楼夜月に歌い 魏闕春風に酔う ) 洞水湛

 

形式: 紙縦丸表具

状態: 紙本少々ヤケあり ウブまま 表具アレなし ウブまま

全体寸法: 165*40.5  本紙寸法: 109.2*29

箱: 桐箱

 

消費税込値段: ¥302,400

 

別号・他: 別号は洞水。越中の人。14歳、富山清源寺胆全について出家、江戸に出て駒込吉祥寺の栴檀林に学び、さらに空印、卍元、鈍者などに学び、のち越中光厳寺灯外素継に参じ、その法を嗣ぐ。明和2年、越中高源寺に住し、越中大淵寺、飛騨竜雲寺を経て光厳寺に晋山す。寛政年間、江戸の吉祥寺、青松寺などに赴いて教典祖録を提唱、四衆の教化に努める。享和3年6月示寂。世寿76。洞山の「五位」の参究者として知られる。