井沢寛州 雲水連鉢図 双幅

ID No: 11891
禅僧名: (井沢)寛州 宗潤 イザワカンジュウ

宗派: 臨済宗  生没年: 1895-1954

宗派・寺院: 臨済宗 妙心寺626世 京都八幡 圓福寺僧堂元師家

語句: 雲水連鉢図 

            四海の雲水鉢盂雷の如し 

            烏藤に円笠化して幾(いくばく)か

            村に帰するや 

       共箱 連鉢雲水 双幅 

            昭和六年孟春 泥龍誌 

 

形式: ドンス本表具 双幅

状態: 紙本アレあり 表具美麗

全体寸法: 196.7*29.8 

本紙寸法: 132.3*20.9

箱: 箱書付双幅桐箱

消費税込値段: ¥216,000

別号・他: 泥龍窟と号す。16歳、西宮海清寺の南天棒につき得度。18歳、海清僧堂に掛搭。29歳、八幡円福僧堂に転錫、玲竹軒神月徹宗に参禅。34歳、熊本見性寺に住す。37歳、海清寺
住職となり、この年玲竹軒より印可を受く。42歳、玲竹軒突然の遷化により、円福寺住職、僧堂師家に就任。47歳、妙心寺626世歴住視篆開堂。円福寺の経蔵、土蔵新築並びに諸堂を大修理して復興に尽力。昭和29年病のため示寂。世寿59。語録に『泥龍窟語録』、追悼集に『泥龍遺芳』がある。